密教三山会 活動報告

<   2010年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今月の悩み相談

今月の悩み相談

■総評
大きく分けると人とのトラブルと原因がわからない相談に分かれます

○人とのトラブルの悩み
 病気、看護、老後の問題
 行政に対しての問題
 家庭問題
 不正に関する問題
 うつ病の問題
 政治家に対しての問題

○原因が分からない相談
 霊に関する件
 お墓に関する件
 病院で治らない病気の相談
 土地に関する件
 加持祈祷に関する件
 先祖に関する件
 などなど

私の今までの経験から自信を持って言えることは、原因のない悩みはありません。
あるとすれば自分の思い込みです。
これだけ科学・医学が発展している世の中ですが、まだ解明できないものもあります。
それは霊的な現象などです。
具体的に言えば人間は生まれて成長していく中で必ず悩みが出てきます。
はじめは愚痴、ストレスから悩みとなりそして苦しみになりうつ病になります。
動物には考える知能はありませんが人間には煩悩があるから悩むのです。
乗り越えるには原因を見つけることです。そしてどう対応していくかが大事です。
生きて行く為には衣食住を安定させることです。
そして自分の夢に向かって努力すれば人生とはどういうものかがわかってきます。
人に迷惑をかけず健康で良き友人を持つことです。
最後にいくら文明社会になっても富と権力にこだわらず自分の分をわきまえ人との交わりを大切に足りるを知り助け合いの気持ちを忘れず生きることが大事と思います。
人から学び自分が実行しなければ成長はありません。
最後は自分の決断です。
相談に来る方で若い年代は占いを希望する方が多く、年配者は法律や知識だけで解決できない相談が多いのが特徴です。
悩み相談は私の修行と思って実行しています。
これが自分に与えられた道だと信じ健康で人生修行が続けられることに満足しています。
出会いを待っています。

合掌

■追伸
政府は何をしているのでしょうか。人に発症しない伝染病だから関係ないと思っているのでしょうか。養豚業者の殺処分に心を痛める叫び・・・足の蹄が根元からただれ落ちて痛くて立てない豚、鼻の周りの水泡がつぶれて血を流しながらも体を震わせて餌を食べる豚、日に日に症状を見せる豚が増えた、最後までおいしい餌をお腹いっぱい食べさせてあげたい生産者の気持ちはいかほどか。
授乳中の母豚を子豚から引き離して殺した、子豚も一緒に処分して一緒に埋めてくれ。
かわいそう過ぎる。獣医師も痛かったろう、ごめんねと注射されぐったりした子豚をやさしく両手で抱き抱えていた。人も動物も同じこの世で生命を受け動物も懸命に生きて自分のさだめを全うするがウイルス感染で殺処分され命を絶つ、これが人間だったらどうだろうか。
パニックになるのは間違いない。養豚業者の豚に対しての悲痛な気持ち、愛情が本当に伝わってくる。
また、獣医さんの痛かったろう、ごめんねと言って子豚を両手で抱き抱えていたこの気持ちをぜひみんなで考えようではありませんか。
殺処分された動物に心から手を合わせてまた元気に生まれてきなさいと言ってやりたい気持ちです。
考えてみればまったく人間の都合によって生産され飼育され人間の食にされる天命とはいえ、どう表現していいかわかりませんがウイルス感染で殺処分するのも感染を防ぐため必要なことでしょう。
以前にも同じウイルス感染があったと聞きますが、今回の事例を深く受け止め、動物への愛情、人間への貢献度また、殺処分された動物へのありがとうごめんねと思う気持ちで供養をしっかりとしてやるべきだ。そして原因を徹底して解明するべきだ。
対症療法だけではなく感染ルートの解明が人類の生存のため今後重要な課題である。




a0131046_19494724.jpga0131046_1950739.jpg

/////////////////////////////////////////////////////////////
 密教 三山会 加持・祈祷 その他お悩みの方・・・
 〒870-0931
 大分県大分市西浜3-27
 TEL:090-8225-3456
 ホームページ:http://www.sanzankai.com/
/////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by sanzankai_act | 2010-05-18 19:45